【Python初心者入門】print関数の使い方

スポンサーリンク

はじめに

Pythonを学習するにあたり、デバッグやら何やらでとにかくお世話になるprint関数についてまとめます。

さめさん
さめさん

Hello World!を出力した瞬間から未経験は卒業さ!

クマくん
クマくん

さらばチェリーPython!!

print関数とは

print関数とは引数に渡されたインスタンスを出力する関数です。

具体的にはまずpythonをターミナルで起動して下記のコードを実行してみましょう。

クマくん
クマくん

もしまだPythonの実行環境がないという人はこれをみて実行環境を整えてね!!

【ZEROから始めるデータ分析】Anacondaを使ってPython3をmacにインストールしてみよう

$ print('Hello World!')
> Hello World!

Hello World!という文字列が出力されたかと思います。

これはprintの右にある()の中に入っている文字列または数字などをそのまま起動している端末に出力するための関数です。

クマくん
クマくん

Rubyのpやputsなんかのメソッドと似ているね。

さめさん
さめさん

ほぼ一緒だね!

print関数のオプション

print関数には引数に出力したいインスタンスの他に設定をいじるためのオプションを渡すことができます。

オプション① seq

seqはsequenceという英単語の略です。

渡されたインスタンスが複数ある場合、どのように表示するかを変更します。

デフォルトでは半角スペースです。

具体的には

$ print('Hi', 'kuma')
> Hi kuma

のように文字列を複数渡すと半角スペース間が空きます。

もし半角スペースではなく句読点を打ちたい場合、以下のように記述します。

print(渡したい文字列,... , seq = ',')

具体的なコードとしては以下のような形です。

$ print('Hi' , 'kuma' seq = ',')
> Hi,kuma
さめさん
さめさん

同じ動きをするだけなら別にそのまま続けて打てばいいんだけどね。

意外と知っておくと便利だよ。

オプション② end

endは見たままの英単語ですが、

行末をどのように処理するか設定できます。

デフォルトでは改行(\n)です。

下記のコードで実行した場合

print('Hi', 'kuma')
print('Hi', 'samesan')
Hi kuma
Hi samesan

となります。

しかしendのデフォルトである改行を変更し、無くしてみると

print('Hi', 'kuma', end = '')
print('Hi', 'samesan', end = '')
Hi kumaHi samesan

のような結果になります。

例えば句読点やドットをいれたい場合などは下記のように書くと良いでしょう。

print('Hi', 'kuma', end = '.\n')
print('Hi', 'samesan', end = '.\n')
Hi kuma.
Hi samesan.

まとめ

print関数のまとめ
  • 引数に渡されたインスタンスをそのまま出力する
  • seqオプションで区切りを変更する
  • endオプションで行末を変更する
自分で打ってみよう!

Pythonの学習に関しては様々本屋には書籍が並んでいますが、下記がおすすめです。

EXCELなども使ったことのない初学者の方

EXCELなどでちょっとPCの操作に慣れている方

他のプログラミング言語を少し触ったことがある方

タイトルとURLをコピーしました